REALIZE

-変わらない日常と終わりなき旅-

久しぶりに仕事の話

入社当初から提案していた会社のホームページ制作が数年経ってやっと動き出した。

会社のホームページなんてあって当たり前と思っているのは大手か比較的新しい会社くらいで、田舎の古い零細企業の経営者は「そんなもん作って効果あんの?」という反応だった。

それは偏見かもしれないが、とにかくうちの会社は「なにそれ?おいしいの?」状態だった。

地元の繋がりを意識する地方零細企業なので、地元の業者にホームページ作成を依頼し、打ち合わせを何度か行い、徐々に前に進み出した。

こういう個人的なブログだと、適当に変なことを書いてもダメージを受けるのは自分だけだから問題なかったが、会社のホームページとなるとそういう訳にはいかない。

でもそれは全く苦ではなく、むしろ新しいことが始まってやっと面白くなってきたという気持ちのほうが強い。

身内じゃなかったらつまらなすぎて既に辞めていたであろう今の会社で、やっと少し光が差し込んできたような感覚だ。


そして、提案者として「ほらな?作って良かったやろ?」と言えるようにいい結果に結び付けたい。

古い業界なので、ホームページを持っている販売店自体少数派である。

ホームページがあるというだけで差別化出来るのにやらないのはMOTTAINAI。

今後、同様にホームページを作る同業者が増えてきたときのために、それなりに様になるものを作っておきたい。