読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REALIZE

-変わらない日常と終わりなき旅-

【好きな漫画紹介】Vol.1[ジョジョの奇妙な冒険]

f:id:TKAK:20161102225131j:plain

今回は、僕が好きな漫画紹介第一弾ということで、知っている人は知っている【ジョジョの奇妙な冒険】について書いてみようと思います。
なぜこれを書こうと思ったかというと、最近久しぶりにジョジョを読んでみたら面白くてブログの更新そっちのけで読んでばかりいたので、ついでにこれをネタにしてしまおうと考えたからです。

僕がジョジョをまともに読み始めたのは中学生の時で、その時既に第五部まで進んでいました。
かなり前から連載していたため、途中から読み始めると「どうなってんだコレは?スタンドってなんだ?」と、訳がわからずついて行けなかったんですが、ある日ふと読んでみたくなって古本屋で1巻から立ち読みをしたのが始まりでした。
その後、ジョジョを気に入り、結局全巻新品で買い揃えるまでになりました。

僕がこのジョジョを立ち読みで終わらせずに買って良かったと思ったのは、1回読んだだけでは理解しにくいので何度も読み返すことで理解できたことと、友達に貸すことで役に立ったという点です。
他の漫画はあまり貸したことがないんですが、このジョジョだけは僕と同じように「興味はあるけど最初から読んでいないのでよく分からない」という人がけっこういて、そういう人に需要があったため、いろんな人に貸し出しをしてきました。
そういう意味で買って役に立った漫画と言えます。

ジョジョは途中から設定が忘れられていたり変わったりしますし、変なセリフや擬音も多数ありますが、そういったことも含めてジョジョのファンには愛されています。
なお、この漫画は主人公の仲間がけっこう普通に死にます。

現在は文庫版も出版されているため、購入の際はよく確認してください。

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)


ジョジョのテーマは「生きること」と単行本1巻で書かれており、「人間」と「人間以外のもの」との闘いを通して、人間賛歌をうたっていきたいと書かれています。
ジョジョの面白いところはスタンドバトルはもちろん、敵側の視点で描かれることがあったり、敵同士で闘うことすらあるところで、単純にジョジョvs敵という構図ではないというところです。
また登場人物も個性的で濃いキャラが非常に多いですね(笑)

第一部(1巻~5巻)

主人公 ジョナサン・ジョースター
 ボス ディオ・ブランドー

f:id:TKAK:20161106234605j:plain

ジョジョの序章。
ジョースターの血統とディオの因縁を知るためには読んでおく必要がある。

舞台はイギリス、裕福な家庭に育ったジョナサンと対照的な貧しい家庭で育ったディオの物語。

家族を亡くし、ジョースター家に養子として迎えられたディオは、ジョナサンを精神的に追い詰め、ジョースター家の資産を奪おうとする。
最終的にはジョナサンの父親ジョージを毒殺しようとするもジョナサンに見つかり失敗。
危機的な状況をディオは石仮面の力を使い吸血鬼となることで乗り切る。
ジョナサンツェペリの元で波紋の力を身につけ、吸血鬼となったディオと闘う。

なお、この章で登場するスピードワゴンは、後にアメリカで掘り当てた油田から得た利益で財団を設立し、何世代にも渡ってジョースター家を補佐することになる。

第二部(5巻~12巻)

主人公 ジョセフ・ジョースター
 ボス カーズ

f:id:TKAK:20161105153855j:plain

舞台はアメリカから始まる。
主人公はジョナサンの孫ジョセフ
スピードワゴン財団がメキシコで発掘した遺跡に、柱と一体化して存在する謎の男が発見される。
ジョセフはイタリアでツェペリの孫であるシーザーとともに波紋の修行をし、吸血鬼をもエサとする「柱の男」達を知恵と波紋の力で追い詰める。

この章ではおそらくジョジョ史上最強の生物である「柱の男」達を倒すことになる。
そう考えると、ジョジョの中では第2部のジョセフが実は最強なんじゃないかとも思えてくる。



第三部(12巻~28巻)

主人公 空条承太郎(スター・プラチナ)
 ボス ディオ・ブランドー(ザ・ワールド)

f:id:TKAK:20161107235603j:plain

ジョジョはここからが本番と言っても過言ではない。
ジョセフの孫承太郎は、100年ぶりに海底から復活したディオの影響で命が危険にさらされた、ジョセフの娘であり承太郎の母親であるホリーを助けるためエジプトまでディオを倒す旅に出る。

この章からジョジョの代名詞ともいえるスタンドという概念が登場している。
時を止める力を持つディオのスタンドザ・ワールドを倒し、承太郎スタープラチナが後々まで最強のスタンドと言われるようになる。
この章のスタンドはタロットカードの「大アルカナ」や「エジプト九栄神」からとっているものがほとんどである。

この章の主人公承太郎は、第四部~第六部にも登場し、別格の扱いを受けているキャラクターであり、ジョジョの中でも主人公の中の主人公とも言える存在である。



第四部(29巻~47巻)

主人公 東方丈助(クレイジー・ダイヤモンド)
 ボス 吉良吉影(キラークィーン)

f:id:TKAK:20161107235647j:plain

日本の東北地方にあるS市杜王町を舞台に繰り広げられる物語。
ローカルな舞台で展開されるため、身近に感じられ、個人的に気に入っている章でもある。
最近では実写化で話題にもなった。

主人公丈助は、ジョセフが浮気をして出来た子で、年は若いが承太郎の叔父にあたる。
ディオのスタンド能力を引き出した「弓と矢」により、スタンド使いが増やされていることを知り、仗助承太郎達は迫りくるスタンド使い達と闘う。

この章からは、スタンドの名前はタロットではなく主に洋楽のアーティストや楽曲の名前から付けられている。



第五部(47巻~63巻)

主人公 ジョルノ・ジョバーナ(ゴールド・エクスペリエンス)
 ボス ディアボロ(キングクリムゾン)

f:id:TKAK:20161107235735j:plain

ディオの息子ジョルノが、政治が腐敗し警察が汚職をするイタリアで、子供に麻薬を流すようなギャングを消し去るため、自らギャングスターを目指す。
自分でギャングを結成する訳ではなく、既存のギャング【パッショーネ】の中でのし上がり、街を乗っ取ることで正義を貫こうとする。

ギャングの話なだけあって、敵も味方もかっこいいキャラが多数登場する。

ジョジョの奇妙な冒険(第5部) 黄金の風 文庫版 コミック 30-39巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

ジョジョの奇妙な冒険(第5部) 黄金の風 文庫版 コミック 30-39巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)



ストーンオーシャン(第六部)(全17巻)

主人公 空条徐倫(ジョリーン)(ストーン・フリー)
 ボス エンリコ・プッチ(ホワイトスネイク)

f:id:TKAK:20161107235817j:plain

舞台はアメリカ。
この章からスタンド能力が非常にややこしくなり、読解の難易度が急激に上がる。
承太郎の娘ジョリーンがドライブ中に恋人が運転する車で人を撥ねてしまい、恋人からお金を受け取った弁護士の企みで刑務所に入ることになる。
父親の承太郎の手助けで刑務所から脱出を試みるも敵に襲われ承太郎が仮死状態となってしまう。
承太郎を救うためジョリーンは刑務所内に戻り、奪われたディスクを求め迫り来る敵と闘う。



スティールボールラン(第七部)(全24巻)

主人公 ジョニィ・ジョースター(タスク)
 ボス ファニー・ヴァレンタイン(D4C)  
裏ボス ディエゴ・ブランドー(ザ・ワールド)

f:id:TKAK:20161108000305j:plain

舞台はアメリカ、時代は過去に遡り、またこれまでの世界とは別のパラレルワールドともされる。(第六部で世界が一周した影響?)
脚を患った元天才ジョッキージョニィは、ジャイロ・ツェペリの持つ鉄球の秘密を探るため、大陸横断レースに参加する。

この章では、過去の登場人物と似た名前の人物が多数登場するが無関係の別人とされる。

STEEL BALL RUN ―ジョジョの奇妙な冒険Part7 コミック  全24巻 完結セット (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN ―ジョジョの奇妙な冒険Part7 コミック 全24巻 完結セット (ジャンプコミックス)



ジョジョリオン(第八部)(現13巻)

主人公 東方定助(空条仗世文+吉良吉影)(ソフト&ウェット)
 ボス 不明

f:id:TKAK:20161108000345j:plain

舞台は再び杜王町に舞い戻る。
東北大震災で被災した後の杜王町で、第四部とは別のパラレルワールドとされるが、スティールボールランとは繋がっている。
壁の目と呼ばれる隆起物付近で、記憶喪失で自分が誰なのか分からない主人公が発見され、東方家に引き取られる際、定助と名付けられる。
定助は東方家の長男が代々「岩のようになって死ぬ病」にかかることと、それを治すことのできる「ロカカカ」の存在を知り、それを巡って「岩人間」達と闘う。
ちなみにこの章の定助は「ロカカカ」の等価交換によって仗世文吉影が融合した状態になっている。

現在連載途中のため、まだ謎が多い。



JOJO A-GO!GO!

ジョジョのカラーイラスト集。

f:id:TKAK:20161108223957j:plain

作者「荒木飛呂彦」先生が語るいろいろな話や、第五部までのスタンド図鑑もあり、ここにしか名前が載っていないスタンドも存在する。
ディオの手下ヴァニラ・アイスのスタンド名がクリームだなんてネーミング酷すぎるぅぅう!!などといろいろ笑える。
ファン必携の1冊。

JoJo aーgo! go!

JoJo aーgo! go!



岸辺露伴は動かない

ジョジョの第4部に登場した漫画家の岸辺露伴を主人公にした短編集。

f:id:TKAK:20161108231421j:plain

第4部の料理人トニオさんも登場する。

・懺悔室
・六壁坂
・富豪村
・密漁海岸
・岸辺露伴 グッチへ行く

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)



ジョジョ芸人

ジョジョは芸能人の間でも人気があります。
最近では「PERFECT HUMAN」でお馴染みの「RADIOFISH」がジョジョのコスプレを披露しています。

「RADIOFISH」がハロウィン音楽祭で披露したジョジョのコスプレ動画(公式チャンネルより)

パーフェクト ヒューマン【TV REPORT】TBSハロウィン音楽祭2016/RADIOFISH「PERFECT HUMAN」

中田=吉良吉影(第4部 スタンド:キラークイーン)
藤森=ナランチャ・ギルガ(第5部 スタンド:エアロスミス)
他のメンバーは
・噴上裕也(第4部 スタンド:ハイウェイスター)
・プロシュート(第5部 スタンド:グレイトフルデッド)
・リゾット・ネエロ(第5部 スタンド:メタリカ)
・ウェザーリポート(ウェス・ブルーマリン)(ストーンオーシャン スタンド:ウェザーリポート)

とにかく面白い!

ジョジョの面白さは読んでみないと分かりません。
僕はジョジョの面白さが分からない人とは一生分かり合えないんじゃないかと割と本気で思います(笑)
それくらい、ジョジョなしでは僕の人生は語れないですね。
まだ読んだことがない人はぜひ一度!読んでみてください。

それではまた。See you!