REALIZE

-変わらない日常と終わりなき旅-

【最強!】成功者のみが知っている、たった1つの絶対に痩せる究極ダイエット法

今回は大袈裟なタイトルで始まりました。
記事を読むか読まないかは別として、記事にアクセスするかどうかはタイトルで決まるというのは当然の話だなと思い、なんだか凄そうな感じがするタイトルを考えてみました。

参考記事↓
manato-kumagai.hatenablog.jp

さらに言うなら、トップ画像に美人でセクシーなお姉さんの写真でも使用すれば効果抜群なんでしょうが、それについては自粛したいと思います。

ところで、絶対という言葉は滅多に使うものではないと思いますが、今回の件に関しては絶対と言っても過言ではないくらいの自信があるので、敢えて付けることにしました。
なお、このダイエット法は健康法でもあるため、太っている人はもちろん、太っていない人にも有効なようです。
なので一度試しにやってみる価値はあるかなと思いましたので紹介させていただきます。

前置き

僕は就職して社会人になるまで、ほとんど太ったことがありませんでした。(ほとんどというのは、大学生の終わり頃から太り始めたため)
学生の頃の僕は、だいたい運動部に所属していたこともあり、おかげで太ることもなく過ごしていたので、太っている人がなぜ太っているのか分からなかったしダイエットにも全く興味がありませんでした

しかし、社会人になってから急激に太り始め、20代の前半くらいまではずっとデブでした。
身長177.7cm(以前176と書いたけど間違いでした)で体重がMax78kgにまでなり、今より15kg以上太っていました。
僕くらいの身長の場合、70kgくらいはあっても普通ですが(高校、大学の時は68kgくらい)、78kgはさすがに太っているし、なにより見た目がデブと言われても否定出来ない状態でした。


僕は当時、勤めていた会社の近くのマンションに住んでいて、自転車で通勤をしていました。
仕事は中小の工業系薬剤メーカーの営業で、デブの上司について一緒に客先を訪問していました。
お金が無かった学生時代から一転、新卒で正社員として就職し、住んでいた3LDKの中古マンションも借り上げ社宅だったため家賃も3万円程支払うだけで済み、余ったお金が食費に向かうことになりました。

営業で一人暮らしだと、昼も夜も外食になりがちで、ラーメンや寿司を毎日のように食べていました
さらに仕事のストレスもあって、コンビニにもよく寄って買い食いをしたため、1日5食くらい食べる日が少なくなかったと思います。
そんな食生活で運動もしていなかったら太るに決まってますよね?

同僚もことごとく太った

デブは感染するのか、上司も太っていたけど、同じ営業所の同僚もデブになっていきました。
ある時同僚と「ダイエットのために運動をしよう」と言って夜一緒に走ったけど、その1回で終わり結局続きませんでした。
太ったことのある人なら分かると思いますが、太ると想像以上に動けなくなり、頭では痩せないとマズいと思っていても、なかなか痩せるための運動が出来ないものです。

僕は自転車通勤をやめ、歩いて通勤することにし、食事の回数や、1品減らすなど1回の食事の量を少なくするといったことから着手し、休日や夜に外出するときは駅まで歩いたりしました。
一度最寄り駅からだいぶ遠い駅で終電を逃し、家まで4~5時間かけて歩いて帰ったこともありました。

こうした努力の甲斐もあって僕の体重は徐々に落ちていき、学生時代の体重に戻ることが出来ました。

えっ!?終わり?

まぁ落ち着け。

僕が今回紹介したいダイエット法は、前述したような苦労や努力を要するものではありません。
僕がその方法を知ったのはそれから何年か後、既に学生時代と変わらない体重の時でした。
とは言え、筋力は落ちていたので、まだ顔や腹回りはややタルんでいました。

そんな時、以前テレビで見た番組の企画をふと思い出しました。
それはお笑いコンビのチュートリアルの徳井さんがダイエットと筋トレで痩せて筋肉ムキムキでかっこよくなる企画でした。
ネットでその情報を調べ、その企画で指導していた方を探しだし、その人が発信する情報(755)をしばらく読むようにしました。
そして、今から半年程前、僕はそのダイエット法を試しました。

聞いたことがあるという人も多いと思いますが、その方法というのが、今回紹介する糖質OFFダイエットです。

究極のダイエット法!糖質オフ

この方法は糖質制限とも言いますが、そういうと拒否反応を示す人が多いので、糖質オフにしておきます。
この方法は、『現在太っていて、本気で痩せたい人なら絶対に痩せることが出来る』ダイエット法です。
特に!デブな自分にオサラバしたい人は、必ず1度は試して欲しいと思います。

僕は半年ほど前に約2ヶ月間、ストイックにこの方法を実践し、その結果それなりに運動をしていた学生時代でも取れなかった腹回りの脂肪がゴッソリ落ちるという驚愕の結果を手にする事が出来ました。(現在は摂りすぎないように気を付けている程度です)

この方法は、食品に含まれる糖質を極力摂取しないようにする方法で、3日続けば変化を感じ、1週間で目に見える形で変化が表れ、1ヶ月もすれば周りの誰もが変化に気付くことでしょう。
本当は、運動や筋トレもあわせて行うといいのですが、それが出来ない人でも糖質オフを実践するだけでも効果があります。
あまり細かく書きすぎると膨大な量になってしまうため、最低限の情報だけを記載します。
もっとよく知りたい人は糖質オフの本などを読んでみてください。

今回記事を書くにあたり参考にさせていただいた江部先生の本です。↓

よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法

よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法

いざ実践

吉川さんはストイックな糖質制限を勧めていましたが、実際にやろうとすると環境によってはかなり難しいことがわかります。
既に太っている人の環境であればなおさら厳しいでしょう。

本気で変わるためには人間関係(家族や友人、職場)などの環境を変える必要があるので、まずは環境を変えずに自分でコントロール出来る範囲で緩くやってみることをお勧めします。

[糖質=炭水化物-食物繊維]

糖質の摂取を抑えるためには、どんな食品にどの程度糖質が含まれているかを知る必要があります。
そのためには、スーパーやコンビニで買い物をする際に、栄養成分表示を見るクセをつけましょう。
これを続けると、どんなものにどの程度糖質が含まれているかがなんとなくイメージできるようになってきます。

栄養成分表示には、糖質とは書かれていない場合が多いですが、その場合は炭水化物の量を見ます。
ストイックな糖質OFFダイエットによる1回の食事での糖質摂取量の目安は20g程度ですが、0にするぐらいの気持ちでやらないと20gという数字は達成困難です。
これを実践するためには、炭水化物=糖質ぐらいの気持ちで挑まなければなりません。

なのでやや緩やかに、1食30~40g程度、1日100g以内を目標にして少しずつ減らしていっても十分効果があります。
むしろその方が抵抗がなくて、成功する可能性は高いかもしれません。
ストイックにやろうとすると、先ほども言いましたが人付き合いに影響がでるので、普通の人にはあまりお勧めしません。

糖質オフというと体に悪影響がないか心配する人が多いと思いますので一応言っておきますが、僕は2ヶ月間ストイックに実践して体には何も問題がなかったので、2ヶ月程度なら糖質をほぼ全く摂取しなくてもまず何も問題ありません。(それ以上は実験していないので僕からは何とも言えない)

[減らすもの=糖質を多く含む食品]

糖質を多く含む食品は、お菓子やデザートはもちろん、ご飯やパン、麺類、いも類などで、野菜でも根菜は比較的糖質が多いため、葉物の野菜を食べます。
マーガリン、ケチャップ、ソースは控えめにします。

また、ダイエット中は控えたほうがいいですが、どうしてもご飯が食べたい場合は玄米を食べます。
うちでも今は玄米を食べていますが、最近の玄米はおいしいですよ。
パンもどうしても食べたければブランパン(小麦ふすまパン)にしましょう。

ちなみに、糖質100gというのは、1日にご飯1膳(150g)、うどん1玉(250g)をそれぞれ食べるともう達成してしまうほどの量になります。

f:id:TKAK:20161025221034j:plain

[食べるもの=タンパク質、脂質など]

炭水化物を減らす代わりに、たんぱく質と脂質はしっかり摂る必要があります。

糖質が少ない食品でどんなものを食べればいいかというと、肉や魚、卵や豆腐、海藻などです。
海藻でも昆布は控えます。

間食はチーズやナッツなどがいいそうです。
油はオリーブオイル(オレイン酸)や魚の油(EPA・DHA)やしそ油(α-リノレン酸)がいいそうです。

マヨネーズやバター低脂肪でなければOKです。
というのは低脂肪の場合、味を調えるために砂糖などの糖質を混ぜているケースが多いためです。

f:id:TKAK:20161025221100j:plain

[飲み物]

飲み物は水・お茶・無糖コーヒーなどを飲みます。
ちなみに僕は水をよく飲みます。
水分は人の体にとって重要ですし、水を飲むだけでもダイエットに有効とも言われています。
冬場は意識しないとなかなか飲めませんが、肌や唇、鼻の奥などの乾燥を防ぐこともでき、水を飲むことのメリットは少なくありません。
尚、お酒が飲みたい人は焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を飲みましょう。

f:id:TKAK:20161025221221j:plain

それではバランスが悪いんじゃ?

そもそも太っている人の食事は既にバランスが悪いので、それを本来のバランスに戻すのがこの糖質オフダイエットなのです。
食事制限ではないので、空腹で苦しむこともありません。

その他に
・血糖値を上昇させるのは糖質だけ
・人間は糖新生により、体内でブドウ糖を作れる
・糖質オフを続けることで、ケトン体をうまく使えるようになる
・脳はブドウ糖だけでなくケトン体も使える
といったことも覚えておくといいかもしれません。

1週間経っても痩せないけど?

どうやらたまに倹約遺伝子というものを持っている人がいるようです。
そういう人は糖質オフだけでは効果が表れにくいらしいのでカロリーも控えめにしてください。
これで痩せなかったら、もう…



さて、もうこれ以上書くと長くなりすぎるので、これで終わりにしたいと思います。
ぜひ糖質オフで健康な体を取り戻してください。

f:id:TKAK:20161025223043j:plain See you!