読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REALIZE

-変わらない日常と終わりなき旅-

引き続き仕事の話

仕事

前回の記事で仕事のことについて少し触れたので、今回は具体的にどんなことをやっているのかについて書いてみようと思います。

tkak.hatenadiary.jp


今日は土曜日だけど休みじゃないので仕事してました。
まだ雨の降っていない午前中、給湯専用の灯油ボイラー(石油給湯器)の取り替えを行ってきました。

before

f:id:TKAK:20160924151203j:plain
これが今回取り替えるボイラーです。
周りの雨避けはそのまま使うそうなので、本体とタンクのみを取り替えます。

ガスの仕事じゃなかったの?

ガス屋だけど、灯油も扱っているのでこういう仕事もします。
燃費がいいので灯油も根強い人気があります。
寒い地方ではむしろメジャーらしいです。

撤去作業

まずは既存ボイラーの撤去から始まります。
電源プラグを抜き、水を止め、リモコンスイッチのコードを外します。
タンクに残っている灯油(たっぷり満タン入ってた…)を容器に移し、オイルタンクとボイラーを切り離して、水とお湯の接続も切り離します。
そして、古いタンクとボイラーを撤去します。

設置作業

撤去したら今度は新しいタンクとボイラーを設置し、水とお湯の配管を接続します。
今回取り付けたボイラーはエコフィールという省エネタイプで、ドレンを排水溝に繋げる必要があります。※臭気が集まる場所には繋げないほうがいいという情報あり。

f:id:TKAK:20160924153110j:plain

タンクとボイラーを送油管で接続し、タンクに灯油を戻し送油管のエアー抜きをします。
f:id:TKAK:20160924212918j:plain

完成

後はリモコンを取り替えてコードを接続し、水とお湯の配管に保温材を巻き、最後に電源プラグを挿したら完成です。

after
f:id:TKAK:20160924212958j:plain
こんな感じに仕上がりました。
写真がちょっと斜めですが、本体はちゃんと水平になっています。

ちなみに、最初水道の配管に本来必要のない減圧弁がついていて、この工事でそれを取り外したらお湯の出が良くなったと喜んでいただけました。


さて今回の記事は、一般の方が読んでも何のことなのかよく分からないと思いますがそれでいいのです。
こんなことをやっていますという紹介なので細かいことは気にしないでください。
雰囲気が伝わればそれでOK!!

というわけで今日はこの辺で。See you!